施設紹介
Media Creative Centerとは?

 MCCは、情報メディア系の研究領域において主に2つの目的をもって設置されました。
 ひとつは、プロジェクト型教育(Project Based Learning)の実践の場として学生に最先端のIT環境と「モノつくり」の場を提供すること。
 もうひとつは、産官学連携の場として、企業、NPO、地域、行政などとのマッチングをはかり、学内外との多面的な連携によって、実社会からの要請に見合った人材育成に結びつけることです。

 そもそも「モノつくり」は、本来的に手を動かして感性を磨きつつ学んでいくもので、従来型の座学を主体とした講義だけでは学生の真の創作活動の要望に応えられません。
 MCCでは情報メディア系の研究領域での「モノつくり」環境を整備し、実践的なプロジェクトによる経験学習と座学とを合わせて学生の創作意欲と技術の向上をはかります。
学生の作業風景
 情報メディア学部の学生は、プロジェクトの申請さえすれば、MCCを創作活動のために自由に利用することができます。内容、規模は様々ですが、80前後のプロジェクトが年間を通し立ち上がり、成果を出しています。卒業研究等の個人プロジェクトから、大きいものでは30人がチームを組み、プロジェクトを進行する場合もあります。
最先端の学習環境
 MCCには学生の創作活動を支援するため、最先端のIT機材はもちろんのこと、工作に必要な工具類、資材が準備されています。
 MCCのスペースの半分はグループワークを想定したレイアウトとなっており、そこにはグループごとにミーティングができる大机とノートPCが設置されています。もう半分は個人作業用のスペースで、高速なデスクトップPCがずらりと並び、3DCGや映像編集などの作業ができるようになっています。
 別の部屋には、モーションキャプチャーシステムが備えられており、人の動きをPCに取り込んで、ゲームや映像、メディアアートなどに活用されます。
MCCの利用方法
初めて利用したい場合は、こちらでプロジェクト申請をする必要があります。
申請許可後、入館時に本学学生証を提示すると利用可能です。

利用可能日
平日 9時~22時
※土日祝祭日に利用したい場合は、
 休日利用申請書を提出する必要があります。

利用上の注意
利用上の注意を熟読してください。

MCCへのアクセス
学校法人 電子開発学園 北海道情報大学 Media Creative Center
〒069-0832
北海道江別市西野幌45番地
北海道情報技術研究所4階
TEL 011-385-4411(大学代表)
Mail mcc-info@do-johodai.ac.jp
※ @を半角にしてお送りください。 ●JR野幌駅から
 ・徒歩:25分
 ・JRバス:約5分(情報大学前、野幌運動公園行)
 ・タクシー:約5分
●北海道中央バス 高速野幌停留所より徒歩5分